エクセルマクロなブログ

エクセル マクロ(Excel VBA)の作成・制作に携わっています。

◆お問い合わせはこちら◆

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< webQueryを連続実行時のエラー | 小遣い帳を自動でサイトにアップロードするアプリ >>

VistaとExcel2007とエクセルマクロ(VBA)

今日はWindowsVista、Office2007に
はじまった新しい流れについて書いていこうと
思います。

いまいち普及していなくてMS自身も
失敗作だったと認めたとか認めないと
かいうVistaも、SP1がでて段々普及
していくのかもしれません。

ExcelVBA(エクセルマクロ)もOffice2007では、
噂されていたVisualBasic.net系のものになるとかいう
ことはなく、相変わらずVB6系であり、仕事を
していく上ではメニュー関係がリボン化
されたというユーザーインターフェイスの
大きな変更がもっぱらの問題であります。

ファイルの方も標準形式はOpen XMLに変わりましたが
これも旧バージョンとの互換ファイルモードがあり
Office2007SP1を当てる前は遅くて使い物にならなかった
互換モードもSP1適用後は十分使用に耐える
ものになり、特に問題はないです。

2007のフォントやセルのスタイル変更機能は
拡張されているため、互換モードではそれが
反映されないこともたまにある点は注意です。
まぁそれも保存時に注意ダイアログがでますので
問題ないといえば問題ないですが、その反映
されないものがどのセルにあるかとか教えて
くれるともっと便利になるんですけどね。

旧バージョンのお仕事も2007で行っても
特に問題ないようです。

新バージョンといえばインターネット
エクスプローラーも7になってタブ化され
VBで操作する際に少しコツがいるように
なりました。
まぁ特に問題ないといえば問題ない
ですけど。
IE8もベータがもうでてるようですが
また変わるんでしょうかね?

Vista環境のお客様はまだ少ないんですけど
今のところ問題は出ておりません。

しかしながらVistaで搭載されたユーザーアカウント
コントロール(UAC)には要注意です。

ちょっとテストしていて気づいたんですが、shell関数で
システムディレクトリにdllなんかコピーしたりする
ことはVBAではできなくなりました。
Vistaでは例え管理者アカウントでログインしていても
プログラムは一般ユーザー権限で起動するそうです。

管理者権限でソフトを起動するにはソフトのアイコンを
右クリックして「管理者として実行する」を選択しないと
いけません。

コマンドプロンプトも普通に起動しただけではシステム
ディレクトリを操作することは不可能です。

いろいろ調べたんですけどVBでコマンドプロンプトを
管理者権限で実行させることはできないみたいです。

マクロのファイルを右クリックしても「管理者として
実行する」は出てきませんのでその方向でも難しいようです。

当面、お手間をおかけしますがdllやocxの登録は
お客様に手動で行っていただくことになりそうです。

マニフェストファイルというのを使えばUACが操作
できるような情報を見つけましたが、まだ詳しいことは
分かっていません。
(どうもマニフェストファイルは.net環境がないと
作れないようです)

ここら辺はなかなか難しいようであります。

とりあえずVB6はSP6が最終サービスパックで
VistaでもVB6は正式にサポートされているので
UACの件以外は当分問題はないといえばないと言えます。

ぜひ一度お問い合わせ下さいませ。


JUGEMテーマ:コンピュータ


エクセルマクロ(ExcelVBA) | - | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

TRACKBACKS

Trackback url: