エクセルマクロなブログ

エクセル マクロ(Excel VBA)の作成・制作に携わっています。

◆お問い合わせはこちら◆

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< CGIを初めて組んだのはVisualBasicでだった3 | CGIを初めて組んだのはVisualBasicでだった4 >>

ACCESSの罠

あるシステムからでる紙のレポートをCSV化してほしい
との依頼でして、システムがSQLサーバーなんでODBCで
つないで、ACCESSのVBAモジュールで処理。

と思ってたんですけど、大きな落とし穴が。
DAOで繋いで処理してたんですけどACCESSには恐ろしい
仕様が。

データの追加・削除を繰り返すと、mdbファイルが肥大化して
その結果、エラーが出るというもの。

なんでエラーが出るかわからなくて苦しみました。
で、DAOで繋いでるからまずいのかと思い、
ADOで繋いでみました。

ADO用にSQLとかも直して、ルーチンも見直してみたけど
やっぱりエラー。

で、Googleで色々検索した結果、MSのサイトで「仕様」を
発見。

もう最適化も受け付けないんで、新しいmdbファイルを作成して
前のファイルから一式インポート。

そうしたらもう恐ろしいほど短時間に処理が終了して驚きです。

良かった、良かった。
アクセス(Access) | - | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

TRACKBACKS

Trackback url: