エクセルマクロなブログ

エクセル マクロ(Excel VBA)の作成・制作に携わっています。

◆お問い合わせはこちら◆

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< CGIを初めて組んだのはVisualBasicでだった | CGIを初めて組んだのはVisualBasicでだった3 >>

CGIを初めて組んだのはVisualBasicでだった その2

いわゆるインターネットタウンページみたいなCGIの
お話の続き。

当日勤めていた会社の主力ソフトはMapinfoという
地図情報システムで開発したアプリで、
これはMapBasicという開発言語があって、
本体のMapinfoは地図情報システムの基本である
地図と地図の座標毎にデータを保存できる
データベースからなっていた。

で、CGIであるが、WinNT4Serverの上にMapinfoの
webアプリ用のサブシステムを導入し、CGIの地図
情報部分を担わせるというモノだった。

地図の方はクライアントの自治体の方で
用意してくれてあったので、それをMapinfo形式に
変換して使った。

タウンページの肝であるお店情報もクライアントが
すでにパソコン通信で使用していたデータ(UNIXの
データベースのデータだった)をエクスポーとして
Access97形式に変換した。

そして問題のCGIであるが、これはその会社では
誰も開発したことのないものだったのだが、
先ほどのMapinfoのサブシステムに英語版だが
VBのCGIサンプル(当然地図も表示されるもの)
がついていた。

NTServerをたてて、そこにIISを導入して
CGIを設置。
ブラウザでアクセスして動作を確認。

単にブラウザに地図が表示されるだけのような
感じだった。

画像と変わらんじゃん……

と途方に暮れていた私に、その会社の開発部長
が解析してくれてどういう風にそれを使えば
CGIが作れるかレクチャーしてくれた。

で、この時点でクライアント先でデモ。
地図が出るだけのCGIでデモ。
当然先方の反応は厳しい。冷や汗が出た。

クライアントの要求を聞くに

そんなCGIが果たして自分に作れるだろうか……
納期も厳しいし……

途方に暮れた。

前に書いた地図の変換もUNIXのDBのデータ変換も
他の人がやってくれたので、CGI本体はもう
自分でやるしかないんだが、このデモの時点では
地図が出るだけのCGIサンプルしかなかったのだ。

つづく
CGI | - | -

スポンサーサイト

- | - | -